創業サポートプラン

文京区の総武線水道橋駅から徒歩4分250件以上の申告実績がある42歳の税理士直接対応経理を丸投げして節税も税務調査対策も安心してお任せ頂ける、品質の高い税務サービスを低価格で提供する税理士事務所です。

当事務所は、年商1,000万円未満~数十億円以上規模の個人・法人(株式会社、合同会社、一般社団法人)で250件以上の豊富な申告実績がある税理士が代表を務める税理士事務所です。

その経験を活かし、品質の高い税務サービスを低価格でご提供しております。

すべてのお客様に対し代表税理士が直接ご対応致しますので、節税対策や税務調査対応にも不安がなく、またご質問にも素早く、的確にご回答をさせて頂きます。

経理や税金のことが全くわからない方も一から丁寧にサポートしますので安心してお任せ下さい。

11月決算法人様でまだ何もしていない方はこちら

業務品質確保のため毎月3社までのお申込みに限定させて頂いております。早めにお申込み下さい。

 

高崎文秀税理士事務所  7つの特徴

起業当初というのは売上がないのにお金が出ていくばかりで、貯金もみるみる減っていき、本当に苦しい時期です。

収入が全くないのに、将来への投資のためにお金を使わなければならない・・・さらに自分や家族の生活もあるのでどんどんお金が減っていく・・・。この苦しさは実際に経験した人でなければわかりません。私も皆さんと同じ起業家ですので、その苦しみは本当によくわかります。起業当初というのはそんな残酷な現実があると思います。

しかしそれを嘆いていても仕方ありません。起業家の皆様には「本業に集中して1日も早くを軌道にのせてほしい!」と強く思います。そのためには本業に時間もお金も最大限投下して、成果を出していかなければなりません。

 将来利益が出るようになった時のために申告はしっかりしなければならないが、とにかく今はお金がない。

 利益がでたら、しっかり払うけど、今は無理なので勘弁してほしい。(将来もとにかくずっと安くやってほしい、というお客様はお断りいたします。)

そんな考えをもった起業家の皆様のために私からのご提案です

ご足労頂いてお会いしたとたんに、

「創業したばかりは9600円からの値段帯はお勧めしません。2万円からがいいです」とか、「会計入力に月5千円かかります」と実際には1万円で顧問する気がない、ということはありません。

高崎文秀税理士事務所は本気で「起業家支援をしたい」と思ってますので、年商が少ないうちは、本当に年額13万円(月額1万円、年末調整1万円)からご契約しています。翌月からの顧問契約をお約束頂ければ、本来12万円の経理丸投げ決算を5万円で請け負います。

業務品質確保のため毎月3社までのお申込みに限定させて頂いております。早めにお申込み下さい。

*決算間際からのご依頼の場合も、遠慮なくお問い合わせください。

*個人事業主のお客様も同じ料金です。

*この料金は当事務所にご来社頂ける方のみのサービスとなっております。

*設立から3ヶ月以内、事業年度の開始から3ヶ月以内の場合は、年度の途中からでも上記料金のみでお引き受けできます。決算間際に申し込んだ方が年間総額が高くなりますので、今すぐご連絡下さい。

*この料金表のうち売上高1,000万円未満までのお客様は起業家支援のための特別な料金表で、事業が赤字であることを前提にしているため、会計・申告処理は決算時に一括となる場合があります。黒字になりそうだ、節税がしたい、途中での利益が知りたい、取引内容・処理が複雑、部門管理がしたい、タイムリーな月次が欲しい、別会社所有、個人事業と並行で会社保有、保有資産1,000万円以上、年収1,000万円以上というお客様はこの値段では契約できないことがあります。

*全ての料金は消費税別。上記の創業支援特別料金表は通帳1冊、領収書250枚までの入力(月額顧問料と記帳代行料)です。給料や報酬の支払に伴う年末調整料金(顧問料1ヶ月分)は含まれていません。年間売上高300万円未満のお客様は顧問料年額12万円+年末調整・法定調書料金1万円の年額合計13万円になります。

*法人の内容・決算月によってはこの契約ができない場合もあります。この値段での契約を保障するものではありません。消費税申告をする場合には別途必要な料金として5万円があります。

*税理士は顧問先様の社会保険業務に関する書類の一部のみを作成代行できます。上記代金には労働保険申告書の作成、毎月の給与計算、賞与支給時の給与計算、設立当初の届出、助成金、就業規則の作成などは含まれておりません。別途料金が必要です。

 

当事務所の5つの強み

独自のメソッドでお客様の状況に合わせた節税の提案


当事務所は節税のご提案に力を入れております。

代表の高崎は過去に様々な規模の法人・個人で250件以上の申告実績があり、科目合格制である税理士試験で法人税法・所得税法・消費税法に合格しており、各税法にも精通しております。したがって法人・個人のトータルで節税を考えていくことが得意です。

特に法人のお客様に対しては、法人だけで税金を減らすだけでなく、経営者の方に多くお金が残せるような節税のご提案が可能です。

節税の手法はインターネットでも調べられる時代ではありますが、適切な方法で行わないと思わぬ税金の追徴や、資金繰り悪化などの事態をおこすことがあります。

当事務所は節税に関しまして、優先順位ごとに4ステップで考えていく独自のメソッドを使ってご提案をしていきます。これにより、やみくもに節税してお金が減ってしまうことがなく、しっかりとお金を残しながら税金を減らすことが可能になっております。

過去税務調査で税金の追徴0円の税理士が税務調査で対応

事業を行っている方は税務調査について不安に思われる方が多いと思います。税務調査で税理士がどう対応するかによって、結果が大きく変わってきます。

税務調査を問題なくきりぬけるために一番大事なことは、日々の経理をするときに税務上の問題点がないかをチェックし、税務調査を想定して主張できる準備をしておくことにあります。このためには正しい税法の理解と指摘事項を想定するための経験値が必須になります。

代表税理士の高崎は日頃から常にお客様の税務調査というものを想定しながら税務顧問をご提供しており、高崎が立会をした税務調査において、税金の追徴実績0円を継続しております。

財務実務経験のある税理士に資金に関するご相談ができる


代表の高崎は一般企業で財務担当として資金繰り・資金調達を担当した経験があり、メガバンク3行を含む6行を相手に銀行折衝も行っていました。

創業融資などの資金調達を得意とする税理士事務所は数多く存在しますが、資金をどのように管理すればよいか、資金繰りを良くするにはどうすればよいか、金融機関との付き合い方など、実務面についてもアドバイスできる事務所はあまり存在しません。

当事務所では資金調達などのご相談はもちろん、日々の資金に関するお悩みもご相談することが可能です。これによって資金の動きが見えるようになって、資金が足りなくなってしまうという不安が解消されることと思います。

代表税理士が直接対応します


一般的に税理士事務所は、税理士の資格を持たない職員や、経験が浅くスキル不足の職員が担当することもあります。そういうケースでは、対応に不安がある、何も相談することができないなどでお客様が不満を抱えることも多いです。

また税理士業界は職員の退職などが多い業界ですので、担当者がコロコロ変わるケースもよくあります。これでは新しい担当者がまた1からお客様の状況を理解しなければならず、引継ぎの不足でミスが起こることもあります。

当事務所ではすべてのお客様に対し、税理士資格をもつ代表税理士が直接対応致しますのでそういった心配はございません。またお付き合いが継続するほどお客様をよく理解することができますので、状況に合わせたより質の高いご提案をすることが可能です。

面倒な経理や税務関係の手続きをすべて丸投げできる


創業して間もない起業家の方や、経理の知識が全くない・忙しくて経理なんてできない、といった経営者の方は、当事務所に経理をすべて丸投げすることが可能です(年商によっては記帳代行料が発生します)。

経営者が一番時間を使わなければならないのは売上を増やすことだと思います。したがって事業を拡大していくためには、慣れない経理に時間をかけることは得策とはいえません。

お客様は通帳のコピー、請求書、領収書などを月毎にまとめてお送り頂くだけですべて完結することができます。

また、最近はご自身でクラウド会計を使って経理される方も増えてきました。当事務所はクラウド会計ソフト(freee/MFクラウド/弥生オンライン)に完全対応しておりますので、そういった方のサポートも可能です。このようなケースでは非常に短時間で月次決算が可能になりますので、業績をタイムリーに把握できるメリットがございます。

推薦者の声①

特に法人税務に強く、節税も税務調査も安心してお任せできる先生です

アンカー税理士法人 税理士 関根和彦 様

 

 

高崎先生とは前職の税理士事務所にて一緒に仕事をさせて頂きました。現在は私は相続専門の税理士として業務を行っております。

高崎先生は特に法人税務に強いので、規模も大きく、難易度の高い法人を多数担当しておりました。そういったクライアントでも常に税務上問題がないか目を光らせており、特に税務調査でも常にお客様が有利になるよう粘り強く交渉し、何度も追徴を回避したことが印象に残っています。

また節税に対しては積極的に提案をし、お客様に価格以上の価値を提供することを意識してお仕事に取り組んでおられました。

私は法人の税務で問題があれば高崎先生にご相談させて頂き、いつも的確に解決して頂きました。法人の税務で悩んだときは必ず高崎先生を頼りにさせて頂いております。

顧問税理士をお探しの方は高崎先生にご相談されれば必ず御社のお力になれますので、是非ともお勧め致します。

今後のますますのご活躍を期待しております。

推薦者の声②

幅広い実務経験を持ち、資金のことや経営のことも幅広くご相談できる先生です

株式会社DIJ 取締役CFO 柳優樹 様 (業種:飲食サービス業)

 

 

高崎先生とは約6年間のお付き合いがございますが、非常にお客様とのコミュニケーションを大切にし、お客様が何を求めているかを考えながらお仕事をされる印象がございます。

また税理士の中でも理系出身で、一般企業に長く勤められていて異色の経歴をお持ちであるため、経営の問題についても幅広くご相談できる税理士だと思います。

私自身現在飲食サービス会社のCFOをしているのですが、高崎先生は以前一般企業で財務業務を担当しており、銀行融資などにも数多く携わっていたため、資金繰りや融資などについても相談もさせて頂いており、非常に心強く思っております。

高崎先生は税務についてはもちろん、経営に関するお悩みもご相談できる貴重な税理士であると思いますので、是非とも税務顧問としてお勧めしたいと思います。

高崎文秀税理士事務所の経営・税務に関する考え方

起業の成功は事業をどれだけ早く軌道に乗せられるか、にかかっていると思います。軌道に乗るまでの時間が遅ければ資金は尽きて廃業せざるを得なくなってしまいます。

では経営者は起業当初何に注力すればいいのでしょうか?

それは早く売上を増やし、さらにその仕組みを確立していくことだと思います。特に一人で起業される方は事業に関わることをすべて自分でやらなければいけないので、本業のために使える時間が当然少なくなってしまいます。

これではなかなか売上を増えず、軌道に乗るまでのスピードが遅くなってしまいます。結果廃業までいかないとしても、その期間が長いというのは精神的にも良くありません。

私は起業家のみなさんには本業のことだけに専念してもらいたいのです。経理や税金のことは専門的な知識が必要ですので、それを学ぼうとすると時間も労力もかかります。このようなことはお金を払っても専門家に任せて、自分は売上を上げることだけを考える方が経営として効果的だと考えています。

1日も早く起業の苦しい時期を乗り越えてもらえるよう、私は起業家の皆さんが本業に専念できるよう、全力でサポート致します。

 

初回無料相談受付中!

050-5362-5635

お問合せ・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームにて受け付けております。

お問い合わせフォームは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

【受付時間】 9時~18時(月~金)
【休日】   土日祝日
【担当】   高崎

アクセス

  • オフィス所在地 高崎文秀税理士事務所(株式会社マネーリンク併設)

〒113-0033 東京都文京区本郷1-33-4 UP BASE SUIDOBASHI 208

 

【都営三田線 水道橋駅】 A6出口 徒歩2分
【東京メトロ丸の内線・南北線 後楽園駅】3番出口 徒歩3分
【JR総武線 水道橋駅】 東口 徒歩4分
【都営大江戸線 春日駅】 A1出口 徒歩3分